大間マグロ 通販

日本が世界に誇る究極のマグロ、「大間のマグロ」!

高級ブランド! 大間の本マグロ

自営業者

私は、食道楽な(笑)30代の自営業者です。

 

昨年末に、取引先の社長さんからお歳暮で送られた大間の本マグロの刺身がとっても美味しかったので、皆さんにも紹介したくてこのサイトを立ち上げました。^^

 

さて、大間の本マグロは、津軽海峡産だけど、同じ津軽海峡の沿岸の港で、北海道で水揚げされたマグロも「大間マグロ」?という疑問が湧いきませんか?

 

そんなこと考えたこともなないとか?(笑)

 

そこで、ネットで調べたところ

 

  • 本州の港(大間)に運べば大間のマグロ。
  • 北海道の港(松前など)に運べば普通のマグロ。

 

と、確かにそうなのですが、以下のことがわかりました。
(あくまでもネットで詳しい人たちが書いてたことをまとめたので確証は出来ませんが、巷で言われていることでもあるようです・・・。)

  • 大間海域でのマグロは、脂の乗っているサンマとかの餌が多いが、北海道海域のマグロは、イカの餌が多いので、大間のマグロの方が、脂が乗ってる。
  •  

  • 北海道産は、大間ブランドに対抗する為に、シメ方とか運搬方法とか相当研究してるらしく、築地に届くまでの身の劣化具合は、北海道産の方が抑えられている(らしい・・・)。

大間の本マグロ

大間のマグロが高級なのは、各テレビ局が、絵になる大間のマグロ一本釣りのドラマやドキュメンタリーで取り上げることで、知名度アップしたことも一因だと思います。

 

方や、北海道側は、絵にならない延縄漁法が中心なのでブランド力が劣るとか・・・。

 

大間のマグロは、高級マグロとして知名度がある分、指名買いするセリ人が多いのでセリ値が上がって、その結果、値段が北海道の津軽海峡マグロと益々開いてるようです。

 

そして、どうせ高級マグロ食べるなら、大間のマグロを食べたがる人が増えてるのです。
(これは、関サバと、対岸の岬サバにも言えることですが・・・。)

 

大間の人たちが、努力して築き上げた大間マグロのブランドは、大間の漁業組合が認定した漁船が獲ったマグロを所定の手順でシメないと、大間のマグロとしてのシールを貼ってくれ無いらしいです。(あくまでも、ネットで探した情報による。)

 

丹後半島の間人(たいざ)港で水揚げされた、ズワイガニにタグを貼って間人ガニとして、ブランド化して、高級品として販売するのに似てますね。

 

大間の本マグロを使った料理方法!

自営業者

大間の本マグロを使った色んなお料理を紹介!

 

でも、大間の本マグロでなくても、普通のマグロでOKです。

 

当たり前か・・・(笑)


鮪のハンバーグ

鮪のハンバーグ

  • タマネギのみじん切りと豚挽肉よく炒め(冷ましておく)。
  • 挽肉と同量くらいのたたいたマグロの赤身、卵、塩・コショー・醤油少しで調味してよく混ぜ、形作ってさっと焼きます。(中がレアな状態がおいしいです。)
  • 器に盛り、酒・みりん・砂糖・醤油で甘辛のタレを作り片栗粉でとろみをつけてかける。
  • 大葉の千切りをのせて出来上がり。

 

まぐろのユッケ風

まぐろのユッケ風

  • 赤身を長さ3cmくらいの鉛筆太さにカット。
  • 濃口醤油 1 : 砂糖 1 を火に掛けてよく溶かして、胡麻油を0.5足す。(カットしたまぐろにタレを和えるだけ。)

 

うずらの卵黄を一緒に和えても美味しいです。
サニーレタス・チシャの葉で包んで食べると、サラダの感覚で食べられます。

 

まぐろの南蛮漬け

  • 出し 6 : 薄口醤油 1 : 味醂 1 : 酢 1 : 砂糖 1 で南蛮酢を合わせて、さっと沸かせて、冷ましておく。
  • 切り身を一口大にカットして、片栗粉を打って、唐揚げにする。
  • 揚がった鮪と、3cmくらいにカットして焼いた白葱、 スライス玉葱を一緒に南蛮酢に漬け込む。

 

「まぐろの南蛮漬け」は一度作っておくと、副菜にもなりますし、常備食ともなりますね。

しそとツナの和風スパゲティ

しそとツナの和風スパゲティ


「しそとツナの和風スパゲティ」のレシピをご紹介します。

 

大間の本マグロそのものではありませんが、スーパーで売っている鮪のツナ缶を使ったダイエット食にもなる低カロリーなヘルシーな料理です。

 

しそとツナの和風スパゲティの材料(一人分)は、

  • スパゲティ70g
  • まぐろ缶油漬フレークライト40g
  • バター小さじ1と1/2
  • しその葉2枚
  • 昆布茶小さじ1強
  • 焼きのり1/6枚
  • 塩とこしょうが少々

焼きのり、しその葉は千切りにしましょう。
まぐろ缶油漬フレークライトは、余分な油を切っておきます。

 

バターをフライパンに入れ、温めます。

 

バターが熱くなったら、ゆであがったスパゲティとまぐろ缶油漬フレークライトを入れ、軽く炒めます。

 

昆布茶、塩、こしょうを入れ、味を付けます。

 

塩、こしょうの他に、昆布茶を入れる所がミソですね。

 

味が付いたら、火を止めましょう。

 

そして、しその葉を混ぜます。

 

しその葉は加熱しすぎないよう、火を止めてから入れるのがポイントです。

 

出来上がったものを皿に入れ、焼きのりをパラパラと散らしたら完成です。

 

和風のパスタなので、さっぱりといただくことが出来ますね。

 

しそとツナの和風スパゲティの調理時間の目安は、約18分です。

 

大間の本マグロ! 当サイト人気順! 

お得な「大間の本マグロ」「ぶつ切り」を限定入手!! マグロは通常、サクと呼ばれる綺麗な長方体の形で販売されます。 その形にする時に、どうしても出てしまう余りの部分や形のいびつなものを、豪快にぶつ切りにしました。 中トロサクが100g 3,680(税込)円のところ、量は倍の200gで、価格は据え置きです。
一般的に「中トロ」は腹肉後部です。
高たんぱく、低脂肪。赤身肉にはイノシン酸、アラニン、タウリンが多く含まれ、まぐろの旨みが一番濃いところです。マグロは味で食べるなら「赤身」と言われ、特に「本マグロ」の赤身はマグロ好きの間で一番人気です。 もっちりした食感と濃厚な旨味が特徴です。